籍を入れる(読み)セキヲイレル

精選版 日本国語大辞典の解説

せき【籍】 を 入(い)れる

① 結婚や養子縁組などで、ある者をある戸籍に新しく入れること。入籍する。
※疑惑(1913)〈近松秋江〉「六年も一緒にゐて、それで何故籍を入れてゐないんですって聴くから」
② 学校、団体、官庁などの一員として名前を登録する。
※竹沢先生と云ふ人(1924‐25)〈長与善郎〉竹沢先生の散歩「兎も角も融通の利く法科に籍を入れておけば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

籍を入れるの関連情報