コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米中大使級会談 べいちゅうたいしきゅうかいだん

1件 の用語解説(米中大使級会談の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

米中大使級会談
べいちゅうたいしきゅうかいだん

1955年8月1日~73年2月 20日ジュネーブワルシャワなどで,在外大使を通じて 136回にわたって行われた米中両国の会談。国交のない米中両国の唯一のパイプとしての意義をもった。 55年8月ジュネーブでチェコスロバキア駐在アメリカ大使ジョンソン王炳南ポーランド駐在中国大使がおもに台湾をめぐる国際緊張の緩和を目的に討議を開始し,59年9月からワルシャワに移った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

米中大使級会談の関連キーワード議定皇族ドゥーマ背泳ボストークサザエさんほのぼの君残留孤児・婦人訴訟判決佐々木禎子ディルクセン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone