米仲買(読み)こめなかがい

精選版 日本国語大辞典「米仲買」の解説

こめ‐なかがい ‥なかがひ【米仲買】

〘名〙 米を取り扱う仲買。近世大坂では、特定蔵屋敷の蔵米を入札したが、それとともに正米方(蔵米を落札して受け取った米切手売買)・帳合方(帳合米のみを売買)・積方(正米の蔵出し・輸送)の三種のうち一、二種を合わせ営んだ。
※御触帳‐天明三年(1783)一一月四日「御蔵米は米切手にて御売捌故、米仲買持に罷成、直段能候得

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の米仲買の言及

【堂島米市場】より

…帳合米取引は三季商内(あきない)と称し1年を3季に分けて取引されたが,その標準米は建物米とよばれ,筑前,肥後,中国,広島の4蔵米および加賀米があてられた。31年には米仲買株500枚が,翌年には米方両替(遣来(やりくり)両替ともいう)株50枚が下付され,彼らは堂島における営業独占権を保証された。米仲買株はその後増加し,計1351枚(一説に1300枚)となる。…

※「米仲買」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android