コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米山検校 よねやまけんぎょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

米山検校 よねやまけんぎょう

1702-1772* 江戸時代中期の医師。
元禄(げんろく)15年生まれ。勝海舟の曾祖父。幼時に失明,江戸で島浦益一惣検校に杉山流の鍼(しん)術をまなぶ。元文4年検校となる。宝暦の飢饉(ききん)の際,郷里越後(えちご)(新潟県)長鳥郷の窮民救済につくし,また江戸に盲人学校設立をくわだてた。晩年は男谷(おたに)検校とよばれた。明和8年12月9日死去。70歳。初姓は山上。名は鋃一。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

米山検校の関連キーワードウィリアム(3世)スマローコフ噺本蕪村ウィリアムアンウィリアム3世カバリエスチュアート朝デ・パイスター

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone