コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粘度指数 ねんどしすう viscosity index

2件 の用語解説(粘度指数の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ねんどしすう【粘度指数 viscosity index】

潤滑油の粘度が温度によって変化する割合を示す尺度。VIと略記する。一般にパラフィン分に富む潤滑油は粘度の温度による変化が少ない優れた性質を示す。この場合には粘度指数が高い値をとる。粘度指数の測定法はJISに定められている。100℃および40℃において潤滑油の動粘度を測定し,これらの値から計算により粘度指数を求める。【冨永 博夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

粘度指数
ねんどしすう
viscosity index

石油関連の粘稠(ねんちゅう)な油、とくに潤滑油の粘度と温度の関係を表す値である。その表示方法は、温度による粘度変化のきわめて小さいペンシルベニア産のパラフィン基原油と、粘度変化のきわめて大きいガルフコースト原油を標準油とし、前者の粘度指数を100、後者を0として計算したものである。粘度指数の大きなことは、温度上昇による粘度低下が小さいことを意味しており、この指数は潤滑油の性質を示す重要なものの一つである。多くの潤滑油はJIS(ジス)(日本工業規格)により、粘度指数の下限が定められている。[難波征太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

粘度指数の関連キーワード液体温度計気体温度計潤滑油還元粘度固有粘度相対粘度比粘度ジーンズの粘度式熱レンズ効果粘度指数(潤滑油)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

粘度指数の関連情報