コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粘液腫 ねんえきしゅ myxoma

翻訳|myxoma

3件 の用語解説(粘液腫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

粘液腫
ねんえきしゅ
myxoma

星形の長い突起のある粘液細胞と,ムチン質の間質から成る,にかわ様の成熟型腫瘍。多くは混合腫瘍の一部として混在する。発生はまれで,多くは良性である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

粘液腫

 →粘液芽細胞腫

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

粘液腫
ねんえきしゅ

ゼリーのような柔軟性をもつ腫瘍(しゅよう)性病変。発生頻度の比較的低い良性腫瘍で、成人に多く発生するものとされ、好発部位は限定的である。大腿(だいたい)や肩などの骨格筋肉にみられる筋肉内粘液腫、心内膜から発生して心房内にポリープ状腫瘤(しゅりゅう)を形成する心臓粘液腫、ほかに膝蓋(しつがい)骨に腫(は)れと痛みを伴う膝蓋粘液腫、頭頸(とうけい)部と上肢の皮膚に多くみられる神経鞘(しょう)粘液腫のほか、顎(がく)骨内に発生する歯原性粘液腫、副鼻腔(びくう)に発生する粘液腫などもある。心臓粘液腫は、原発性の心臓腫瘍のなかでもっとも多くを占めるもので、左心房にみられることが多い(左房粘液腫)。また、きわめてまれにみられるものに、腹膜偽(性)粘液腫とよばれる腹腔内に粘液がたまる悪性の腫瘍がある。これは虫垂や卵巣・卵管などで産生された粘液が増殖して、虫垂や卵巣の壁を破って穿孔(せんこう)し、腹腔内でさらに増殖して腹部膨満から腸閉塞(へいそく)などに陥り、死に至ることも多い病態である。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

粘液腫の関連キーワード樹状突起神経線維じゅう(絨)毛漿液細胞小グリア細胞腺頚粘液細胞足細胞粘液細胞副細胞デイターの法則

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

粘液腫の関連情報