コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

虫垂 ちゅうすいappendix vermiformis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

虫垂
ちゅうすい
appendix vermiformis

虫様突起ともいう。結腸の始部には盲腸があるが,虫垂は多くの場合その下端の内後側壁に付着している。しかし,位置は個人的に非常に差がある。長さ6~8cm,幅 0.5~1.0cmの多少湾曲した盲管で,内腔は管状で著しく狭いが,内部が閉鎖している場合もある。組織学的には粘膜上皮層,粘膜下層,筋層および漿膜から成っている。盲腸腔への開口部には,半月形の粘膜性のひだ,すなわち虫垂弁がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ちゅう‐すい【虫垂】

盲腸の下部についている指状の小突起。盲腸の先端が細小となったもので、ヒト類人猿・ウサギ・ネズミなどにみられる。虫様突起。虫様垂。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

虫垂【ちゅうすい】

虫様突起とも。哺乳(ほにゅう)類の盲腸の先端から突き出たリンパ系器官。ヒトでは盲腸の下部の後左側壁から出る8cm前後の細長い突出物。本来盲腸の先端部が退化萎縮(いしゅく)したもの。
→関連項目盲腸

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

虫垂

 盲腸下端にある小指大の管.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうすい【虫垂 appendix vermiformis】

虫様突起ともいう。哺乳類の盲腸の先端にあるリンパ系器官。草食獣でよく発達し,組織学的には盲腸の退化したものといわれる。ヒトでは3本の結腸ひもteniae coliの集まったところに位置し,内部に細い管腔をもっている。長さは個人差があるが平均6~7cm。虫垂の管腔がなんらかの原因で閉塞すると,炎症が起こる。これが虫垂炎(俗に盲腸炎)である。盲腸【立川 勲】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ちゅうすい【虫垂】

盲腸の左後壁の下部から出ている細い管状の突起。虫様垂。虫様突起。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

虫垂
ちゅうすい

盲腸下端の後内側壁から突出している細い小指状の盲管で、虫様突起ともいう。長さは6~7センチメートル、太さは0.5~1センチメートルであるが、個人差があるため、長さを1~20センチメートルとすることもある。また、盲腸への付着部位についても個人差がある。虫垂は腹膜に包まれ、虫垂間膜をつくっているため、移動性をもっている。虫垂の位置を前腹壁上に求めるときは、骨盤の右上前腸骨棘(きょく)突起から「へそ」に引いた線上で、棘突起から3~5センチメートルのところとされる。この点をマクバーネー点MacBurney's pointとよんでいる(ニューヨークの外科医C. MacBurney(1854―1913)にちなむ)。ここは、虫垂炎(俗に盲腸炎という)の際の圧痛点として知られている。虫垂炎では、痛覚が小腸と同様の痛覚神経で送られる。虫垂はヒトと類人猿とだけにみられるもので、ウサギで虫垂とよばれている部分は、盲腸の先端が細くなったところである。[嶋井和世]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の虫垂の言及

【大腸】より

…盲腸は,回腸が大腸に開口するところ(回盲口)から下方の盲管になっている部分をいう。盲腸の下端部に近い後内側から虫垂とよばれる細長い盲管が垂れ下がっている。虫垂は径約6mm,長さ6~8cmくらいのものが多い。…

【盲腸】より

…ウサギの盲腸内容は盲腸糞として体外に排出されたのち,糞食により再消化される。ヒトやウサギなどでは盲腸の先端に虫垂というリンパ組織の突起がみられる。【玉手 英夫】
[ヒトの盲腸]
 ヒトの盲腸は右下腹部に位置し,回腸開口部の下方にある短い盲管で,その全長は5~6cmである。…

※「虫垂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

虫垂の関連キーワード虫垂炎(虫垂突起炎)/盲腸炎ベレンガーリョ・ダ・カルピカルチノイド腫瘍虫垂カルチノイド虫垂炎(盲腸)腹膜偽性粘液腫腹腔鏡治療消化器外科パイエル板シルビウス腹部外科虫の垂衣痕跡器官渡邉有三腹膜炎粘液腫冬瓜子腸癰湯回盲部蓄膿症

虫垂の関連情報