糖性アミノ酸(読み)とうせいアミノさん(英語表記)glycogenic amino acid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

糖性アミノ酸
とうせいアミノさん
glycogenic amino acid

糖原性アミノ酸ともいう。代謝の経路が最終的に糖代謝経路に合流するアミノ酸の一群をいう。アラニン,セリン,グリシンプロリンメチオニンシステイングルタミン酸アスパラギン酸トレオニンバリンヒスチジンなどがある。アミノ酸にはこのほか,脂質代謝経路に合流するケト原性アミノ酸があるが,多くのアミノ酸は主として糖原性である。また,糖原性であるとともにケト原性のものもある (フェニルアラニンチロシントリプトファンイソロイシン) 。糖性アミノ酸は糖質あるいはその代謝中間物から生体内で合成されるので,糖質への転換もその逆の過程を経る。さらにグルコースを経て脂質にまで転換される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android