コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

糟屋時広 かすや ときひろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

糟屋時広 かすや-ときひろ

?-1333 鎌倉時代の武士。
六波羅探題南方北条時益(ときます)の家臣。正慶(しょうきょう)2=元弘(げんこう)3年5月7日足利尊氏らの六波羅攻めに敗れ,光厳(こうごん)天皇を擁して関東におちのびようとしたが,時益が京都東山で戦死したため,あとを追って自刃(じじん)した。相模(さがみ)(神奈川県)出身。通称は七郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

糟屋時広の関連キーワード鎌倉時代

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android