コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

糠袋 ヌカブクロ

デジタル大辞泉の解説

ぬか‐ぶくろ【×糠袋】

糠を入れた布袋。肌を洗うのに用いる。また、木の艶出しなどにも用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぬかぶくろ【糠袋】

糠を入れた布製の袋。入浴時、肌をこすって洗う。板張りや柱などをみがくのにも用いた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

糠袋
ぬかぶくろ

米を精白する際にできた米を小袋に入れた化粧具。小袋は10センチメートル内外の長方形のもので、米糠を入れ、口の両端に渡した糸紐(いとひも)で口を締めてから湯に浸し、顔や体を洗う。せっけんのない時代はもとより、明治になってせっけんが出回ってからも、糠袋を用いる習慣は引き続き、だいたい大正時代まで続いた。糠袋をもみじ袋ともいうのは、袋が緋(ひ)の紅絹(もみ)でつくられたことによる。[遠藤 武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

糠袋の関連キーワード御座いやす化粧品板張りざんす革羽織恨みる銭湯遠藤

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android