コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

糠袋 ヌカブクロ

大辞林 第三版の解説

ぬかぶくろ【糠袋】

糠を入れた布製の袋。入浴時、肌をこすって洗う。板張りや柱などをみがくのにも用いた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

糠袋
ぬかぶくろ

米を精白する際にできた米を小袋に入れた化粧具。小袋は10センチメートル内外の長方形のもので、米糠を入れ、口の両端に渡した糸紐(いとひも)で口を締めてから湯に浸し、顔や体を洗う。せっけんのない時代はもとより、明治になってせっけんが出回ってからも、糠袋を用いる習慣は引き続き、だいたい大正時代まで続いた。糠袋をもみじ袋ともいうのは、袋が緋(ひ)の紅絹(もみ)でつくられたことによる。[遠藤 武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

糠袋の関連キーワード御座いやす化粧品板張りざんす革羽織恨みる銭湯遠藤

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android