コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀内侍 キノナイシ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

紀内侍 きの-ないし

?-? 平安時代中期の歌人。
貫之(つらゆき)の娘。「氏系図」に助内侍,内侍とあることから,この呼び名がある。「大鏡」「十訓抄(じっきんしょう)」などでは,「拾遺和歌集所収の「勅なればいともかしこし鶯の宿はと問はばいかが答へむ」の作者としている。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きのないし【紀内侍】

平安中期の女流歌人。紀貫之の女むすめ。鶯宿梅おうしゆくばいの故事で有名。また「古今和歌六帖」の編者に擬せられる。生没年未詳。 → 鶯宿梅

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

紀内侍の関連キーワード鶯宿梅・鴬宿梅鶯宿梅紀貫之貫之女三才女

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android