紀内侍(読み)キノナイシ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

紀内侍 きの-ないし

?-? 平安時代中期の歌人。
貫之(つらゆき)の娘。「氏系図」に助内侍,内侍とあることから,この呼び名がある。「大鏡」「十訓抄(じっきんしょう)」などでは,「拾遺和歌集所収の「勅なればいともかしこし鶯の宿はと問はばいかが答へむ」の作者としている。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きのないし【紀内侍】

平安中期の女流歌人。紀貫之の女むすめ。鶯宿梅おうしゆくばいの故事で有名。また「古今和歌六帖」の編者に擬せられる。生没年未詳。 → 鶯宿梅

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android