紀内侍(読み)キノナイシ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

紀内侍 きの-ないし

?-? 平安時代中期の歌人。
貫之(つらゆき)の娘。「氏系図」に助内侍,内侍とあることから,この呼び名がある。「大鏡」「十訓抄(じっきんしょう)」などでは,「拾遺和歌集」所収の「勅なればいともかしこしの宿はと問はばいかがへむ」の作者としている。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

き‐の‐ないし【紀内侍】

平安中期の歌人。貫之の娘。村上天皇に庭の紅梅を求められて、「鶯の宿はと問はば」の歌を示した逸話で三才女の一人とされる。ただし、勅撰集に名を題して採られてはいない。紅梅の内侍。生没年未詳。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android