コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶯宿梅 オウシュクバイ

デジタル大辞泉の解説

おうしゅく‐ばい〔アウシユク‐〕【×鶯宿梅】

村上天皇の時、清涼殿前の梅が枯れたので紀貫之(きのつらゆき)の娘紀内侍(きのないし)の家の梅を移し植えたところ、枝に「勅(ちょく)なればいともかしこしうぐひすの宿はと問はばいかが答へむ」という歌が結んであり、天皇はこれに深く感じて梅の木を返したという、拾遺集大鏡などにみえる故事。また、その梅の木。
梅の一品種。香りがすぐれ、花は白、または紅・白まじって咲く。 春》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

鶯宿梅(おうしゅくばい)

古典落語の演目のひとつ。上方種。「春雨茶屋」とも。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鶯宿梅
おうしゅくばい

(うぐいす)の宿る梅の意で、紀内侍(きのないし)の家にあった梅の名。村上(むらかみ)天皇のとき、清涼殿(せいりょうでん)の前の梅が枯れたため、西京(にしのきょう)のある家から掘り取らせてきたが、木の枝に「勅なればいともかしこし鶯の宿はと問はばいかが答へん」という歌が結び付けてあった。天皇はその家の主が紀貫之(きのつらゆき)の娘、紀内侍であったことを知り、深く感じ心残りなことをしたと思ったという故事による。『大鏡』(巻6「道長下」)、『拾遺和歌集』(雑下)などにみえる。[藁科勝之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

鶯宿梅 (オウシュクバイ)

植物。モクセイ科の落葉低木,園芸植物オウバイの別称

鶯宿梅 (オウシュクバイ)

植物。梅の品種

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

鶯宿梅の関連キーワード大薩摩主膳太夫(3代)長野横笛(2代)杵屋 正邦古典落語杵屋正邦紀内侍橘守国禁め鳥

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android