紀行・記行(読み)きこう

精選版 日本国語大辞典の解説

き‐こう ‥カウ【紀行・記行】

〘名〙 旅行中の体験、見聞、印象などを書きつづったもの。日本では、「万葉集」にその萌芽が見られるが、独立した作品としては紀貫之の「土左日記」が最初のもの。以後、多くの作品が書かれ、文学の一領域をなしている。紀行文。道中記。旅行記。
※俳諧・濁子清書画巻本野ざらし紀行‐跋(1687頃)「此一巻は必記行の式にもあらず」
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉天下太平なる哉「何(いづ)れ其時の紀行は何文学雑誌に載せて」 〔蘇軾‐書王太尉送行詩後〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android