コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀阿閉麻呂 きの あえまろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

紀阿閉麻呂 きの-あえまろ

?-674 飛鳥(あすか)時代の官吏。
壬申(じんしん)の乱(672)のとき大海人(おおあまの)皇子(天武天皇)方の東道将軍となり,多品治(おおの-ほむち)らと美濃(みの)(岐阜県)から大和(奈良県)にすすみ,飛鳥京をまもる。翌年の天皇即位にあたり功を賞される。天武天皇3年2月28日死去し,大紫の位をさずけられた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

紀阿閉麻呂

没年:天武3.2.14(674.3.26)
生年:生年不詳
7世紀後半の官人。壬申の乱(672)において,大海人皇子(天武天皇)方の東道将軍として多品治らと数万の兵を率いて美濃(岐阜県)から倭(奈良県)へ進軍。天武2(673)年8月,戦勝の功により褒賞された。死去に際し天武天皇は悲しみ,大紫の位が贈られた。

(寺崎保広)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

紀阿閉麻呂の関連キーワード十島村支払基金と国保連サンダーランド大安寺百済昌成紀阿閉麻呂他人の生命の保険契約新桜島丸第十八櫻島丸観音寺

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android