約束事(読み)やくそくごと

精選版 日本国語大辞典「約束事」の解説

やくそく‐ごと【約束事】

〘名〙
① あらかじめ決めておくこと。かりに決めておくこと。また、約束した事柄。
※日本橋(1914)〈泉鏡花〉一〇「約束事ででも有る如く、揃って立ち停まらなければならなかったのは」
② 前から定まっている運命。宿命。因縁。約束。
浄瑠璃・仮名手本忠臣蔵(1748)一〇「是迄の縁、約束(ヤクソク)事、死んだと思へば事済むと」
③ ある社会、領域などで、誰もが認めているような方法や考え方。約束。
真贋の森(1958)〈松本清張〉七「画の約束ごとに縛られない奔放気ままなものだ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「約束事」の解説

やくそく‐ごと【約束事】

約束した事柄。また、規則。「約束事は必ず守る」
約束4」に同じ。
「これまでの縁、―、死んだと思へば事済むと」〈忠臣蔵

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android