約束事(読み)やくそくごと

精選版 日本国語大辞典 「約束事」の意味・読み・例文・類語

やくそく‐ごと【約束事】

〘名〙
① あらかじめ決めておくこと。かりに決めておくこと。また、約束した事柄
日本橋(1914)〈泉鏡花〉一〇「約束事ででも有る如く、揃って立ち停まらなければならなかったのは」
② 前から定まっている運命宿命因縁。約束。
浄瑠璃仮名手本忠臣蔵(1748)一〇「是迄の縁、約束(ヤクソク)事、死んだと思へば事済むと」
③ ある社会領域などで、誰もが認めているような方法考え方。約束。
真贋の森(1958)〈松本清張〉七「画の約束ごとに縛られない奔放気ままなものだ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「約束事」の意味・読み・例文・類語

やくそく‐ごと【約束事】

約束した事柄。また、規則。「約束事は必ず守る」
約束4」に同じ。
「これまでの縁、―、死んだと思へば事済むと」〈浄・忠臣蔵

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android