コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紅林吉治 くればやし よしはる

1件 の用語解説(紅林吉治の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

紅林吉治 くればやし-よしはる

1549-1580 織豊時代の武士。
天文(てんぶん)18年生まれ。徳川家康の家臣大須賀康高につかえ,姉川,長篠(ながしの)などの戦いで功をたてる。駿河(するが)(静岡県)から三河(愛知県)岡崎城にかえる家康にしたがい,途中,武田氏の支配する駿河田中城からの攻撃をふせいで,天正(てんしょう)8年6月11日討ち死にした。32歳。通称は助六郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

紅林吉治の関連キーワードアビス朝一向一揆岡田幸樹藤田清二細川智三日和佐裕子竹内清人久保和明ケットの乱アビス朝

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone