コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紅梅焼(き) コウバイヤキ

3件 の用語解説(紅梅焼(き)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうばい‐やき【紅梅焼(き)】

小麦粉に砂糖をまぜ、こねて伸ばしたものを梅花などの型に抜き、鉄板で焼いたせんべい

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

紅梅焼

三重県桑名市多度の名物菓子。山椒の風味をきかせた堅焼き煎餅。多度町にある野々宮梅林の紅梅をかたどっている。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

紅梅焼
こうばいやき

東京・浅草の名物で煎餅(せんべい)の一種。浅草観音の仲見世通りにある梅林堂が、江戸時代からこの菓子を手がけてきた。小麦粉に砂糖を加え、ごまを散らした生地を薄くのして、梅、桜、ひょうたん、木の葉、短冊形に押し抜き、鉄板で丹念に焼き上げる。『守貞漫稿(もりさだまんこう)』に「看板亘(わたり)二尺余、木制、紙ハリ、白粉ヌリ、縁(ふちど)リ及ビ匂形ハ丹(に)ニテ描(えが)ク、桜花形ト二(ふた)ツ掛タルモ多シ、弘化嘉永(こうかかえい)(1844~54)ノ比(ころ)ヨリ江戸小市ニテ売之(これをうる)」とある。大衆菓子として人気をもち香餅焼(こうべえやき)ともいわれた。[沢 史生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紅梅焼(き)の関連キーワード三重県桑名市多度町猪飼三重県桑名市多度町香取三重県桑名市多度町古野三重県桑名市多度町多度三重県桑名市多度町戸津三重県桑名市多度町中須三重県桑名市多度町肱江三重県桑名市多度町平古三重県桑名市多度町美鹿三重県桑名市多度町柚井

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone