コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紅樺色 べにかばいろ

色名がわかる辞典の解説

べにかばいろ【紅樺色】

色名の一つ。JISの色彩規格では「暗いみの」としている。一般に、赤みがかったくすんだ茶色のこと。紅色樺色を組み合わせた色名で、樺色よりも赤いイメージ。茶系統が流行した江戸時代に登場した色名とされる。樺色はバラ科ヤマザクラの樹皮の色をさすときは樺色と表記し、ガマ科ガマの穂の色をさすときは蒲色と表記する。現代でも和服や洋服などに用いられる。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

紅樺色の関連キーワード色名

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android