コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紅灯台 ベニドウダン

デジタル大辞泉の解説

べに‐どうだん【紅台】

ツツジ科の落葉低木。山地に自生。輪生状に枝分かれし、枝先に葉がつく。夏の初め、釣鐘状の紅色の小花を総状に垂れてつける。本州・四国・九州に分布。庭園に植えられる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例