紙入

精選版 日本国語大辞典の解説

かみ‐いれ【紙入】

〘名〙
① (「はながみいれ(鼻紙入)」の略) 外出する時に必要な小間物を入れて携帯する用具。ラシャや皮張りで、二つ折り、または三つ折りの入れ物。鼻紙、薬、小ようじなどのほか、金銭も入れた。
※浮世草子・好色一代男(1682)七「酔(ゑひ)のまぎれに世之介金銭銀銭紙入(カミイレ)より打明(あけ)て両の手にすくひながら」
② 紙幣を入れて携帯するさいふ。札入れ。
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉三「机の引出しをあけて紙入(カミイレ)をとりだし、二円札を出してわたす」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android