コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紙幣本位制度 しへいほんいせいどpaper standard system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

紙幣本位制度
しへいほんいせいど
paper standard system

貨幣単位の価値が一定量の貨幣金属とはまったく関係をもたない本位制のことで,自由本位制度ともいう。金本位制度が停止されてやむをえず紙幣本位制度に移行する場合が多い。この場合に流通紙幣,正確には銀行券の数量と価値は,金本位制度のように貨幣財である金の市場価格によって自動的に統制されることがなく,法律によって中央銀行の銀行券発行の準備,限度が決められているが,結局は中央銀行の金融政策の運営いかんが最も重要である。現在の管理通貨制度は,広義の紙幣本位制度に近いものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しへいほんい‐せいど〔シヘイホンヰ‐〕【紙幣本位制度】

紙幣を本位貨幣とする制度。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しへいほんいせいど【紙幣本位制度】

金や銀による裏付けのない紙幣を本位貨幣として流通させる貨幣制度。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

紙幣本位制度の関連キーワード貨幣制度裏付け

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android