金本位制(読み)きんほんいせい(英語表記)gold standard system

旺文社世界史事典 三訂版「金本位制」の解説

金本位制
きんほんいせい
gold standard system

貨幣の一単位の価値と一定量の金の価値とが,つねに等価関係にあるように組まれている貨幣制度
この制度では貨幣と金とが自由に交換でき,金貨輸入鋳造の自由も保証され,国内の通貨,外国為替相場の安定が自動調整作用によって保たれる。19世紀イギリスに始まり,世界の金生産の増大により同世紀末には大部分の国が金本位制を採用(日本は1897年),第一次世界大戦まで続いた。大戦で停止され,戦後復活したが,イギリス経済の衰退世界恐慌などにより,1930年代にはイギリスを先頭諸国が金本位制から離脱した。第二次世界大戦後は,アメリカ経済の強大化を背景に,国際通貨基金IMF)制度の下でドル中心の金為替本位制となった。1971年ニクソンがドルと金の交換停止を発表,73年以降国際的には変動相場制がとられるようになった。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

旺文社日本史事典 三訂版「金本位制」の解説

金本位制
きんほんいせい

金を貨幣価値の基準とし,他の貨幣と金との自由な交換(兌換 (だかん) )や,金の自由な輸出入を認める制度
日本では1871(明治4)年の新貨条例で採用したが,貿易決済にはを用い,国内でも実質的には銀本位制に変わった。のち世界的に金本位制が広まり,日本も日清戦争の賠償金を準備金として,'97年の貨幣法で名実ともに採用した。1917年,第一次世界大戦のため金輸出を禁止,'30年に解禁したが世界恐慌の打撃うけ,'31年末,犬養毅内閣が再禁止し,金本位制は事実上停止された。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

精選版 日本国語大辞典「金本位制」の解説

きんほんい‐せい キンホンヰ‥【金本位制】

※日本‐明治三〇年(1897)二月一七日「金本位制の今日に於て実行せざるべからざる理由を」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android