コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

素踊(り) スオドリ

デジタル大辞泉の解説

す‐おどり〔‐をどり〕【素踊(り)】

日本舞踊で、衣装・かつらなどをつけず、男子は(はかま)、女子は着流しの紋服姿で踊ること。また、その踊り

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

素踊
すおどり

日本舞踊の上演形式。舞踊用の衣装をつけずに踊る踊りをいう。元来素踊で踊るようにつくられたものと、本来は衣装をつけて踊るようにできた作品の扮装(ふんそう)を略して踊る場合とある。前者は『北州(ほくしゅう)』『梅の春』などの御祝儀物が代表的で、男性の場合には紋付袴(はかま)姿、女性は黒または色の紋付、裾(すそ)模様などの礼服で、高島田や前割などの鬘(かつら)をつけることが多い。通常舞台には屏風(びょうぶ)を立てる。なお、昔は振付師や踊りの師匠が衣装をつけて踊ることはまれで、御祝儀物を素(す)の形で踊った。後者は歌舞伎(かぶき)舞踊の、たとえば『傀儡師(かいらいし)』『山姥(山めぐり)』など。『娘道成寺』などの場合には、半素(はんす)とよぶ、なかば素の形をとることが多い。また、第二次世界大戦後はとくに素踊形式をとる創作舞踊が多い。[如月青子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の素踊(り)の言及

【素】より

…能では伴奏なしにうたうことを〈素謡〉と称するし,浄瑠璃では,人形芝居や歌舞伎から離れ,演奏会様式で純粋に音楽を味わうものを〈素浄瑠璃〉,三味線の伴奏なしに浄瑠璃を語ることを〈素語り〉などと呼ぶ。また,舞踊では特別な衣装をつけず,普通の服装のままで踊ることを〈素踊〉という。【加納 マリ】。…

※「素踊(り)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

素踊(り)の関連キーワード藤間 勘十郎(6代目)藤間 勘祖(2代目)藤間勘十郎(6世)藤間 政弥四季の山姥子宝三番叟藤間勘十郎日本舞踊吾妻徳彌藤間藤子連獅子松の緑梅の春山姥物北州

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android