コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紫家七論 しかしちろん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

紫家七論
しかしちろん

江戸時代中期の『源氏物語』の評論書。別称『紫女七論』。安藤為章 (ためあきら) 著。宝永1 (1704) 年刊。紫式部の系図を巻頭におき,以下「才徳兼備」「七事共具」「修撰年序」「文章無双」「作者本意」「一部大事」「正伝説誤」の7項目から成る。最初の本格的『源氏物語』評論として意義がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しかしちろん【紫家七論】

江戸中期の評論書。1巻。安藤為章著。元禄16年(1703)成立。紫式部源氏物語についての評論7編を収録。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しかしちろん【紫家七論】

評論。一冊。安藤為章著。1703年成立。紫式部の人間像、源氏物語の成立および内容を七項目にわたって論じた書。著作動機などに関する旧説を批判・是正。紫女七論。源氏物語七論。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報