コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安藤為章 あんどうためあきら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安藤為章
あんどうためあきら

[生]万治2(1659).5.23. 丹波
[没]享保1(1716).10.12.
江戸時代中期古学派の儒学者,国学者。水戸藩に仕える。著書『年山紀聞』『紫女七論』。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あんどうためあきら【安藤為章】

1659‐1716(万治2‐享保1)
江戸中期の儒学者,国学者。丹波の人。通称は右平,のち新介,号は年山。父定為および野宮定基中院通茂に従い和漢の学を修める。初め伏見宮に仕えたが,のち水戸光圀に招かれ《大日本史》《礼儀類典》の編纂に参与。また,光圀の命を受け《万葉集》の注釈につき難波にたびたび契沖を訪れた。考証に優れた才を発し,その著《紫女七論》は紫式部伝の科学的研究の先駆として名高い。【南 啓治】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安藤為章
あんどうためあきら
(1659―1716)

江戸中期の国学者。初め為明。通称は右平、のち新介。年山と号した。丹波(たんば)国(京都府)の人。和歌を中院通茂(なかのいんみちしげ)(1631―1710)に、儒学を伊藤仁斎(いとうじんさい)に学んだ。兄為実(ためざね)(1654―1717)とともに水戸の徳川光圀(とくがわみつくに)に招かれ、彰考館の寄人(よりうど)として『大日本史』や『礼儀類典』などの編纂(へんさん)にあずかる。光圀の命によって難波(なにわ)(大阪府)の契沖(けいちゅう)の指導を受け、考証学者として一家をなした。『紫女七論(しじょしちろん)』は紫式部の伝記研究の先駆として注目すべき著述であり、ほかに『栄華(えいが)物語考』『宇津保(うつぼ)物語考』や随筆『年山紀聞(ねんざんきぶん)』などがある。[秋山 虔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

安藤為章 (あんどうためあきら)

生年月日:1659年5月23日
江戸時代前期;中期の国学者
1716年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

安藤為章の関連キーワード安藤年山生年月日本朝通鑑源注拾遺紫家七論随筆

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android