コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紫貽貝 ムラサキイガイ

デジタル大辞泉の解説

むらさき‐いがい〔‐イがひ〕【紫×貽貝】

イガイ科の二枚貝内湾の岩などに足糸(そくし)で付着する。殻長9センチくらい。イガイに似るが、殻頂は丸みを帯びる。ヨーロッパの原産で、日本には昭和初期に船底に付着して渡来。食用。ムール貝。淡菜。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

むらさきいがい【紫貽貝】

海産の二枚貝。貝殻は三角に近い長楕円形で、殻長9センチメートルほど。殻が薄く、光沢のある黒紫色。食用。太平洋・大西洋の北部の浅海に広く分布。 → ムール貝

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

紫貽貝 (ムラサキイガイ)

学名:Mytilus edulis
動物。イガイ科の二枚貝

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android