貽貝(読み)イガイ

  • ×貽貝
  • いがい ‥がひ
  • いがい〔がひ〕
  • 貽貝 (イガイ)

デジタル大辞泉の解説

イガイ科の二枚貝。浅海の岩などに足糸(そくし)で付着して群生。貝殻は長卵形で殻長12センチくらい。外面は黒褐色、内面は真珠色。肉は春に美味。地方名が多く、せとがい・からすがい・しゅうりがい・にたりがいなどがある。 春》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

学名:Mytilus corscus
動物。イガイ科の二枚貝

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 イガイ科の二枚貝。日本沿岸に広く分布し、岩礁に足糸という細い糸をだして付着する。三角形で、殻長約一五センチメートル。外面は黒褐色、内面は真珠色。肉は春に美味で、乾燥したものを淡菜という。あかがい。いいがい。せとがい。いのかい。ひめがい。にたりがい。からすがい。しゅうりがい。東海夫人。《季・春》
※出雲風土記(733)秋鹿「凡そ北の海に在る雑(くさぐさ)の物は、・沙魚・佐波〈略〉貽貝」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android