細嚼(読み)サイシャク

デジタル大辞泉の解説

さい‐しゃく【細×嚼】

[名](スル)
細かくかみくだくこと。
よく考えて、その意味・内容を十分理解すること。
「いまだ趣向を構えざるまえに十分これを―して会得しつくす」〈逍遥小説神髄

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

さい‐しゃく【細嚼】

〘名〙
① こまかくかみくだくこと。咀嚼(そしゃく)
※内地雑居未来之夢(1886)〈坪内逍遙〉一〇「肉叉を用ひて、塩豕(ぶた)一片を口に投じて、恰も細嚼(サイシャク)の最中なりしが」
② よく考えて、その意味、内容を十分理解すること。
※小説神髄(1885‐86)〈坪内逍遙〉下「いまだ趣向を搆へざるまへに充分これを細嚼(サイシャク)して会得しつくすを必要とす」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android