コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サイ

デジタル大辞泉の解説

さい【細】

こまかいこと。詳しいこと。「微にいり、をうがった解説

さい【細】[漢字項目]

[音]サイ(呉) [訓]ほそい ほそる こまか こまかい ささ さざれ ささら
学習漢字]2年
〈サイ〉
ほそい。「細腰(さいよう)細流繊細
こまかい。こまごましている。「細菌細工細心細部細胞些細(ささい)微細
くわしい。「細説委細詳細明細
取るに足りない。「細民零細
〈ほそ(ぼそ)〉「細道極細(ごくぼそ)
[難読]細螺(きさご)細波(さざなみ)細雪(ささめゆき)細石(さざれいし)

さ‐さ【細/小】

[接頭]《「さざ」とも》主として名詞に付いて、細かい、小さい、わずかなという意を表す。「―にごり」「―波」

ささ‐ら【細】

[名]細形(ささらがた)」の略。
「―の御帯(みおび)の結び垂れ」〈継体紀・歌謡〉
[語素]《「さざら」とも》細かい、小さい、わずかな、などの意を表す。ささ。さざれ。「石」「波」「荻」

さざれ【細】

[名]細石(さざれいし)」の略。
「程もなく浮きて沈みし三輪川の―がくれに朽つる埋れ木」〈夫木・二四〉
[語素]名詞の上に付いて、細かい、小さい、わずかな、などの意を表す。ささ。「石」「波」「貝」

ほそ【細】

形容詞「ほそい」の語幹から》
細棹(ほそざお)」の略。
細糸」の略。
細引き」の略。
釣りで、細い枝川。水温が高くなると本流からフナなどが入り込んでくる所。
名詞・形容詞の上に付いて、複合語をつくる。
㋐細い意を表す。「首」「長い」
㋑幅が狭い意を表す。「道」
㋒かすかである、か弱い、の意を表す。「声」「腕」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さい【細】

こまかいこと。くわしいこと。 「微を拆ひらき、-を叙ついづる歴史は/思出の記 蘆花

ほそ【細】

「細糸」「細引き」の略。
「細棹」の略。
「細上布」の略。
名詞・形容詞の上に付いて複合語をつくる。
ほそいこと。ほそいさま。 「 -首」 「 -長い」
幅が狭い。 「 -道」
かすかな。か弱い。 「 -声」 「 -腕」
(「ぼそ」の形で)名詞などの下に付いて複合語をつくる。「腰ぼそ」「中ぼそ」「ごくぼそ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

細 (タク)

植物。楮の古名

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

細の関連キーワードフェルソブラスティック組織クロス アドバンテージ宮城県栗原市鶯沢南郷ダイヤモンドダストカウンターショック微に入り細を穿つ非呼吸細気管支津国屋藤兵衛終末細気管支頻脈性不整脈パーティクルグラニティン細立烏帽子リズマイト心室細動脂肪組織除細動器細網組織細鉄腸斎毛細血管

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

細の関連情報