(読み)サイ

デジタル大辞泉の解説

さい【細】

こまかいこと。詳しいこと。「微にいり、をうがった解説

さい【細】[漢字項目]

[音]サイ(呉) [訓]ほそい ほそる こまか こまかい ささ さざれ ささら
学習漢字]2年
〈サイ〉
ほそい。「細腰(さいよう)細流繊細
こまかい。こまごましている。「細菌細工細心細部細胞些細(ささい)微細
くわしい。「細説委細詳細明細
取るに足りない。「細民零細
〈ほそ(ぼそ)〉「細道極細(ごくぼそ)
[難読]細螺(きさご)細波(さざなみ)細雪(ささめゆき)細石(さざれいし)

さ‐さ【細/小】

[接頭]《「さざ」とも》主として名詞に付いて、細かい、小さい、わずかなという意を表す。「―にごり」「―波」

ささ‐ら【細】

[名]細形(ささらがた)」の略。
「―の御帯(みおび)の結び垂れ」〈継体紀・歌謡〉
[語素]《「さざら」とも》細かい、小さい、わずかな、などの意を表す。ささ。さざれ。「石」「波」「荻」

さざれ【細】

[名]細石(さざれいし)」の略。
「程もなく浮きて沈みし三輪川の―がくれに朽つる埋れ木」〈夫木・二四〉
[語素]名詞の上に付いて、細かい、小さい、わずかな、などの意を表す。ささ。「石」「波」「貝」

ほそ【細】

形容詞「ほそい」の語幹から》
細棹(ほそざお)」の略。
細糸」の略。
細引き」の略。
釣りで、細い枝川。水温が高くなると本流からフナなどが入り込んでくる所。
名詞・形容詞の上に付いて、複合語をつくる。
㋐細い意を表す。「首」「長い」
㋑幅が狭い意を表す。「道」
㋒かすかである、か弱い、の意を表す。「声」「腕」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さい【細】

こまかいこと。くわしいこと。 「微を拆ひらき、-を叙ついづる歴史は/思出の記 蘆花

ほそ【細】

「細糸」「細引き」の略。
「細棹」の略。
「細上布」の略。
名詞・形容詞の上に付いて複合語をつくる。
ほそいこと。ほそいさま。 「 -首」 「 -長い」
幅が狭い。 「 -道」
かすかな。か弱い。 「 -声」 「 -腕」
(「ぼそ」の形で)名詞などの下に付いて複合語をつくる。「腰ぼそ」「中ぼそ」「ごくぼそ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

細の関連情報