コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細川持賢 ほそかわ もちかた

2件 の用語解説(細川持賢の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

細川持賢 ほそかわ-もちかた

1403-1468 室町時代の武将。
応永10年生まれ。幕府管領(かんれい)細川満元の3男。摂津中島(大阪府)の分郡守護で,右馬頭(うまのかみ)を官途とした典厩(てんきゅう)家の初代。応仁(おうにん)の乱では甥(おい)の細川勝元がひきいる東軍の将として活躍。和歌をこのんで尭孝(ぎょうこう)らとまじわり,連歌の会をもよおした。応仁2年10月7日死去。66歳。通称は弥九郎。法名は道賢。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

細川持賢

没年:応仁2.10.7(1468.10.22)
生年:応永10(1403)
室町時代の武将。細川満元の3男。持之の弟。官名右馬助,右馬頭,法名道賢。嘉吉1(1441)年6月,将軍足利義教赤松満祐に暗殺されると,討伐軍に参加しその功で摂津欠郡(西成郡)守護に任ぜられた。以後子孫がこの地の守護となり,典厩家と称す。翌年持之が死ぬと,嗣子勝元幼年のためこれを後見し,数年間幕政の枢機にもあずかった。よく甥の勝元を補佐し,他の守護家のように内紛を起こさなかった。義教の菩提を弔うため摂津に崇禅寺を創建。応仁の乱では勝元率いる東軍の有力武将として活躍し,応仁1(1467)年11月大内政弘の兵を摂津に防御したが,翌年病没。東福寺の雲泉大極と親交があり,人となり恭謙剛毅,寛仁にして衆心を得ると評された。

(今谷明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

細川持賢の関連キーワード細川持之細川玄旨細川茂之細川満元佐田親景寒河元光細川勝益細川満之細川義春細川義之

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone