コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細川昭元 ほそかわ あきもと

2件 の用語解説(細川昭元の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

細川昭元 ほそかわ-あきもと

1548-1592 戦国-織豊時代の武将。
天文(てんぶん)17年生まれ。細川晴元の子。足利義昭に重用され,のち織田信長につかえる。天正(てんしょう)元年信長と対立した義昭が山城(京都府)槙島(まきしま)城で敗れたあと,同城をまもる。3年丹波桑田・船井(京都府)の2郡をあたえられ,信長の妹お犬と結婚した。天正20年5月7日死去。45歳。名はのち信良。通称は六郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

細川昭元

没年:文禄1.5.7(1592.6.16)
生年:生年不詳
戦国時代の細川氏京兆家当主。晴元の子。名はのちに信良。天文22(1553)年,三好長慶に迎え入れられて,摂津国芥川城(大阪府高槻市)に入城。永禄1(1558)年,長慶に加冠されて芥川城で元服,元亀2(1571)年12月7日,将軍足利義昭より右京大夫に任じられ,諱の1字をもらい昭元と称した。翌年摂津中島城を三好義継に攻撃され,天正1(1573)年2月には,義継と松永久秀により和泉国堺に敗走した。同年7月18日,義昭が織田信長に反して山城国槙島城に敗れると,信長の命により合戦後は同城の守備に当たり,同3年には丹波国桑田・船井2郡を与えられて,信長の妹お犬を妻とした。

(森田恭二)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

細川昭元の関連キーワード下剋上伊丹親興伊丹元扶今川氏豊佐田九郎兵衛島村貴則細川氏綱細川勝益細川政賢三好政長

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone