細川直俊(読み)ほそかわ なおとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

細川直俊 ほそかわ-なおとし

1319-1337 南北朝時代の武将。
元応元年生まれ。細川頼貞(よりさだ)の子。足利尊氏にしたがう。兄顕氏(あきうじ)らとともに四国勢をひきいて南朝方京都でたたかった。建武(けんむ)4=延元2年河内(かわち)(大阪府)で大塚惟正(これまさ)らとたたかい,3月10日討ち死にした。19歳。名は「ただとし」ともよむ。

細川直俊 ほそかわ-ただとし

ほそかわ-なおとし

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android