細川直俊(読み)ほそかわ なおとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

細川直俊 ほそかわ-なおとし

1319-1337 南北朝時代の武将。
元応元年生まれ。細川頼貞(よりさだ)の子。足利尊氏の軍にしたがう。兄顕氏(あきうじ)らとともに四国勢をひきいて南朝方と京都でたたかった。建武(けんむ)4=延元2年河内(かわち)(大阪府)で大塚惟正(これまさ)らとたたかい,3月10日討ち死にした。19歳。名は「ただとし」ともよむ。

細川直俊 ほそかわ-ただとし

ほそかわ-なおとし

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android