コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細川頼有 ほそかわ よりあり

1件 の用語解説(細川頼有の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

細川頼有 ほそかわ-よりあり

1332-1391 南北朝時代の武将。
正慶(しょうきょう)元=元弘(げんこう)2年5月2日生まれ。細川頼春の子。観応(かんのう)の擾乱(じょうらん)のころ畿内や阿波(あわ)などで南朝方とたたかう。延文元=正平(しょうへい)11年備後(びんご)守護となり中国管領(かんれい)の兄頼之に協力した。明徳元=元中7年には兄とともに山名時煕(ときひろ)を追討。明徳2=元中8年9月9日死去。60歳。通称は讃岐十郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の細川頼有の言及

【守護領】より

…鎌倉・南北朝・室町時代の守護の直轄所領・所職。鎌倉時代のものとしては1235年(嘉禎1)に幕府が認めた安芸守護藤原親実の例が著名である。それは国府ならびに同近辺の郡地頭職,在庁兄部(このこうべ)職(国衙在庁官人の支配・指揮権をもつ),祇園神人兄部職(交通・商業活動を行う祇園社神人の支配権をもつ),国内に広く分布する久武名(有勢な国衙在庁の仮名)などから成っており,これらは前守護武田信光さらに宗孝親の体制を継承したものであった。…

※「細川頼有」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

細川頼有の関連キーワード北斉阿蘇惟政上杉憲孝国久斯波兼頼南部政行船田経政松浦定結城朝常由良光氏

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone