コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細木瑞枝 ほそぎ みずえ

1件 の用語解説(細木瑞枝の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

細木瑞枝 ほそぎ-みずえ

1780-1848 江戸時代後期の村役人,歌人。
安永9年生まれ。生家は土佐(高知県)高岡郡新居(にい)村の庄屋。各地の庄屋をつとめ,天保(てんぽう)12年高知藩に地位改善を要求して天保庄屋同盟を結成したひとりとされる。国学,和歌に通じ,著作に農書「耕耘(こううん)録」,歌集に「桜根家集」など。嘉永(かえい)元年11月23日死去。69歳。名は庵常(いおつね)。通称は源助。号は桜根。狂号は酒甕(さかがめ)の是飲(これのみ)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

細木瑞枝の関連キーワード三月革命ウィーン蜂起ティチング前古典派音楽シク戦争カモラガリバルディカルロ・アルベルト共産党宣言第四階級

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone