コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細木瑞枝 ほそぎ みずえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

細木瑞枝 ほそぎ-みずえ

1780-1848 江戸時代後期の村役人,歌人。
安永9年生まれ。生家は土佐(高知県)高岡郡新居(にい)村の庄屋。各地の庄屋をつとめ,天保(てんぽう)12年高知藩に地位改善を要求して天保庄屋同盟を結成したひとりとされる。国学,和歌に通じ,著作に農書「耕耘(こううん)録」,歌集に「桜根家集」など。嘉永(かえい)元年11月23日死去。69歳。名は庵常(いおつね)。通称は源助。号は桜根。狂号は酒甕(さかがめ)の是飲(これのみ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

細木瑞枝の関連キーワード細木核太郎村役人

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android