コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細金 コマガネ

デジタル大辞泉の解説

こま‐がね【細金】

小粒の貨幣。細かいかね。
「―十八匁もあらうか」〈浮・五人女・二〉

さい‐きん【細金/×截金】

金や銀の薄板をいろいろな形に切ったもの。きりかね。

ほそ‐がね【細金】

金銀の(はく)を細く切ったもの。仏画仏像衣服模様などに用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほそがね【細金】

細く切った金銀の箔。仏画・仏像・衣服の模様などに用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

細金の関連キーワード切り金・切金・截り金ディヤルバクルノイン・ウラモケット中国工芸細線細工平戸細工錺職彫金飾師切金帯鉸金銀

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

細金の関連情報