コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紹介予定派遣 しょうかいよていはけんtemp to hire

知恵蔵の解説

紹介予定派遣

テスト雇用」のページをご覧ください。

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しょうかい‐よていはけん〔セウカイ‐〕【紹介予定派遣】

派遣先企業において一定期間就労したのち、その企業と派遣された労働者双方が合意した場合に正社員契約社員などの直接雇用形態に切りかえることを前提として行われる労働者派遣。派遣先の企業は6か月以内にその労働者の採否を決めなければならない。テンプツーパーム

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

人材マネジメント用語集の解説

紹介予定派遣

・temporary to permanent
・平成11年の労働者派遣法改正によって一部解禁、平成16年「紹介予定派遣」として定義された、紹介を目的とした派遣のこと。
・禁止されていた派遣前の面接・履歴書の送付等が紹介派遣においては可能となる。

出典|(株)アクティブアンドカンパニー人材マネジメント用語集について | 情報

ビジネス用語集の解説

紹介予定派遣

派遣スタッフとして一定期間の就業を行った後、
就業先企業と就業スタッフの双方が合意する場合に、
直接雇用の正社員または契約社員として雇用形態を切り替えて働く雇用形態。

正社員または契約社員としての雇用を希望する派遣スタッフにとっては、
就業を通じて企業の社風、職場の雰囲気、実際の仕事を理解できるメリットがあります。

就業先企業にとっては、派遣スタッフの仕事内容に対する取り組み、
人柄などを理解できるというメリットがあります。

近年、紹介予定派遣の利用を希望する採用企業、
紹介予定派遣の利用を希望する求職者も増加しつつあり、
新たな働き方として定着しつつあります。

出典|転職.jpビジネス用語集について | 情報

人事労務用語辞典の解説

紹介予定派遣

労働者派遣事業と職業紹介事業組み合わせたもので、派遣先と労働者との雇用関係斡旋(職業紹介)を予定した派遣です。派遣期間中に派遣先企業は労働者の能力を見きわめ、労働者は自分に合う仕事かどうかを判断して就職できるメリットがあります。
(2004/11/22掲載)

出典|『日本の人事部』人事労務用語辞典について | 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

紹介予定派遣

派遣社員が、派遣を要請した企業と、派遣期間終了時に直接雇用契約を結ぶことを目的とした雇用形態の一種。企業側と労働者側のニーズの一致を促進、あるいはミスマッチを未然に防ぐことのできる雇用紹介形式として浸透しつつある。紹介予定派遣の場合、派遣期間内を一種の試用期間ととらえることも可能で、雇用・被雇用側ともに、職場環境や雇用内容条件、人材の適性などを判断できる。ただし、直接雇用といっても正社員契約に限らず、契約社員やアルバイトなども直接雇用契約にあるため、内容の精査が必要である。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

紹介予定派遣

就職を希望する人材と、採用を予定している企業とを引き合わせ、社員雇用を前提として人材派遣を行うこと。一定の契約期間を派遣労働者として働いた後、労使双方の合意の上で採用が決定される。 この紹介予定派遣は、労働者派遣事業と職業紹介事業の両方の許可を受けた派遣会社のみが行える。また、労働者派遣法で禁止されている職種については行うことができない。

出典|ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

紹介予定派遣の関連情報