コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

職業紹介 しょくぎょうしょうかいemployment agency

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

職業紹介
しょくぎょうしょうかい
employment agency

求職者と求人者 (多くの場合求人機関) の間に立ってその採用なり就職の斡旋をすること。職業紹介を含む職業安定の問題については日本では職業安定法 (昭和 22年法律 141号) によって秩序づけられているが,同法によると,職業紹介は「求人および求職の申込みを受け求人者と求職者の間における雇用関係の成立を斡旋すること」と定義し,職業紹介を無料職業紹介と有料職業紹介に,さらに有料職業紹介を実費職業紹介と営利職業紹介に分けている。実費職業紹介は,雇用関係成立の斡旋に際して所要費用を受取るので,無料ではないが,営利を目的としない職業紹介をいう。営利職業紹介は,求職者の人権保護,利益擁護などの観点からきわめて制限的に規制されており,原則として私人は有料職業紹介事業を行なってはならないことになっている。しかし,労働大臣の特別の許可を受けた場合には,美術,音楽,演芸,特殊技術などについては営利職業紹介が認められている。政府による職業紹介事業は職業安定法に基づいて公共職業安定所で行われており,また,学生生徒の職業紹介は特に原則を定めて,学校長に公共職業安定所の業務の一部を分担させることができることになっている。また 1986年の人材派遣事業法の施行によって,需要者の求めに応じて自社に登録しているスタッフを派遣することができるようになった。さらに求人情報を有料で紹介する雑誌メディアも数多く登場し,職業の紹介ルートが多元化している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

職業紹介【しょくぎょうしょうかい】

求人または求職の申込みを受け,求人者と求職者の間に雇用関係の斡旋(あっせん)をすること。日本では1925年口入れ屋等による営利的職業紹介を廃する目的で職業紹介法が制定されたが十分に機能せず,むしろ低賃金で労働力を供給する結果をもたらした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょくぎょうしょうかい【職業紹介】

対価を支払って自己のために他人の労働力の提供を求めようとする者(求人者)と対価を得るために自己の労働力を提供して職業に就こうとする者(求職者)との間をとりもって,両者の間に雇用関係が成立するのをあっせんすることをいう。この場合,労働力は肉体的なものであると精神的なものであるとを問わないが,求人と求職との間に雇用関係が成立することが必要である。したがって,労働力の提供を労働者供給,請負等によって求めようとするものは求人ではないし,自営業,内職等に就こうとするものは求職ではない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

職業紹介
しょくぎょうしょうかい

従業員を募集している企業と職を探している人の両方に登録してもらい、双方を斡旋(あっせん)して新たな雇用関係をとりもつこと。ハローワーク(公共職業安定所)や大学などの無料職業紹介と、民間事業者による有料職業紹介に大別される。バブル経済崩壊後の雇用情勢の悪化や雇用の流動化を受け、近年、職業紹介の規制緩和が進んでいる。
 職業安定法は長く職業紹介を国の独占事業に位置づけ、民間紹介業者は労働大臣の許可を受ける必要があり、対象業種は看護師、家政婦、芸能人、エンジニアなどが中心であった。しかし政府は1997年(平成9)、人材ビジネスの活用を求めた国際労働機関(ILO)181号条約を批准し、1999年には職業紹介の対象業種を原則自由化する改正職業安定法を施行。建設業、港湾運送を除くすべての職種の民間職業紹介が可能になり、民間事業所数は1万6000を超えている。
 政府はその後も職業安定法を改正し、2000年(平成12)には派遣社員が企業で一定期間働いたのち、その企業と本人が合意すれば正社員に切り替える紹介予定派遣の仕組みを導入。2004年からは、地方自治体が届け出だけで無料職業紹介できるようになった。ただ規制緩和にもかかわらず、民間の職業紹介による就職件数は公共職業紹介の10分の1程度にとどまっている。また、求人情報誌のように求人・求職情報の提供だけで斡旋業務をしなければ、職業紹介にはあたらない。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の職業紹介の言及

【職業安定法】より

…雇用保険法や職業能力開発促進法(旧職業訓練法)とあいまって労働者の雇用保障の実現を目ざす。第2次大戦前の職業紹介法(1921公布)は,私的な営利職業紹介や労働者募集に対する警察的取締りが中心であったが,職業安定法(1947)は労働権(憲法27条)や職業選択の自由(憲法22条)を保障する観点から,求職者に適切な就労の機会を与えることを重視している。その後,雇用対策法(1966)が積極的労働力流動化政策の実現のために制定されるにともない,職業安定政策はその一環として位置づけられるようになった。…

※「職業紹介」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

職業紹介の関連キーワード職業リハビリテーションキャリアカウンセラー宝木スタッフサービス労働移動支援助成金労働力需給システムハローワーク特区職業紹介責任者ナースバンクオールテイク職業紹介統計紹介予定派遣ジョブカフェエスアール中川 喜久潜在保育士清野長太郎豊原 又男職業紹介所季節的失業労働取引所

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

職業紹介の関連情報