コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

終戦連絡事務局 しゅうせんれんらくじむきょく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

終戦連絡事務局
しゅうせんれんらくじむきょく

1945年8月 25日連合国軍隊の日本占領進駐に伴い,外務省の外局として設けられ,連合国側との連絡,情報の提供,物資の調達などの事務処理にあたった。中央事務局のもとに,連合国軍進駐があった地方に連合国軍地方司令部と連絡事務にあたる地方事務局をもっていた。 48年,中央事務局は総理府外局の連絡調整事務局となったが,49年再度外務省に移管し,連絡調整事務局となり,52年対日講和条約の発効とともに廃止された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しゅうせんれんらくじむきょく【終戦連絡事務局】

1945年(昭和20)8月26日、占領軍受け入れのために設置された占領軍と日本政府との連絡機関。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

終戦連絡事務局の関連キーワード登原 久美子登原久美子榛葉 英治曽祢 益曽禰 益松嶋鹿夫白洲次郎占領軍

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android