コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経回/経廻 ケイカイ

デジタル大辞泉の解説

けい‐かい〔‐クワイ〕【経回/経×廻】

《「けいがい」とも》
滞在すること。
「貴境に参下す。―の間一顧を賜はるべし」〈明衡往来
めぐり歩くこと。
「京都の―難治の間、身を在々所々にかくし」〈平家・一一〉
生きて月日を送ること。
「頼朝世に―せば、御方に奉公仕りて」〈盛衰記・四一〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

けいかい【経回】

( 名 ) スル
めぐり歩くこと。 「京・大坂等の所を-して帰り参りしのち/折たく柴の記」
生きて月日を経ること。 「頼朝世に-せば、御方に奉公仕りて/盛衰記 41

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

経回/経廻の関連キーワードコーディネーショントレーニング(運動)ニューラルコンピューティングエレクトロニクス史(年表)ニューロコンピューターニューラルネットワークディープラーニングコネクショニズムニューロチップ感覚投射の法則オートマトン脳の計算理論線形[関数]子宮内膜症中枢神経系理論生物学過活動膀胱生物物理学ロボトミー神経モデル平衡障害