コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

結合半径 けつごうはんけい

2件 の用語解説(結合半径の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

けつごうはんけい【結合半径】

化学結合している原子(イオン)間の距離を各原子(イオン)に特有な半径の和と考えて、各原子(イオン)に割り当てた値。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

けつごうはんけい【結合半径 bond radius】

化学結合(イオン結合共有結合金属結合など)の結合間隔を,結ばれている二つの原子またはイオンに割り振った数値で,類似の化学結合では加成性が成立するように決められている。結合の種類に応じてイオン半径共有結合半径金属結合半径のように区別する。あとの二つとファン・デル・ワールス半径とをまとめて原子半径atomic radiusまたは元素半径と呼び,イオン半径と対置する。【木下 実】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

結合半径の関連キーワードイオン結合化学結合共有結合共有結合結晶金属結合σ結合化合単結合金属結晶イオン結合タンパク質

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone