コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金属結合 きんぞくけつごう metallic bond

6件 の用語解説(金属結合の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金属結合
きんぞくけつごう
metallic bond

金属元素の原子が集合して金属結晶をつくる場合の化学結合。典型的な金属,たとえばアルカリ金属では,原子価電子の一部は結晶内を自由に動き回る自由電子となり,一様な密度の自由電子の海に陽イオンが浮んでいるような状態を呈している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きんぞく‐けつごう〔‐ケツガフ〕【金属結合】

金属元素原子が集まって金属結晶をつくるときの結合。陽イオンとその間を運動する自由電子との静電気的な相互作用による結合で、方向性をもたない。アルカリ金属などにみられる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

金属結合【きんぞくけつごう】

金属内での原子間の結合。ナトリウムアルミニウムなどの典型的な金属では,価電子が金属結晶内を自由に運動する自由電子となっていて,その自由電子の負電荷の中に価電子を失った金属原子が正のイオンとして規則的に並んでいる。
→関連項目化学結合

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

きんぞくけつごう【金属結合 metallic bond】

金属元素の原子を相互に結びつけ,固体としての形態を維持している凝集力。この凝集力は主として金属の中を比較的自由に動きまわる伝導電子(自由電子)に起因している。共有結合または共有結合の単結合では,原子の最外殻電子(価電子)は特定の隣り合う原子を直接結びつけているというイメージが強いが,金属結合では最外殻電子は隣接する原子ばかりでなく,固体中のすべての原子を遍歴して,それらの原子を結びつけている。金属の特徴ある諸性質,すなわち高い電気伝導性,熱伝導性,反射率,金属光沢,展・延性,引張強さ,弾性などは,このような電子の存在と関係がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きんぞくけつごう【金属結合】

金属原子を結びつけて金属結晶を形成する化学結合。各原子から出された自由電子の海の中に原子の陽イオンが浮かんでいるような状態で生ずる結合。自由電子の存在と結合の無方向性が特徴で、これにより高い電気伝導性、展性・延性などの金属の諸性質が説明される。 → イオン結合共有結合

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金属結合
きんぞくけつごう
metallic bond

金属元素の原子が集まって金属結晶をつくるときの化学結合。単体金属、合金などでみられる。金属の中ではそれぞれの原子に属する原子価電子は、通常の化合物にみられるような隣接する原子との間の特定の化学結合に使われることがなく、その一部は結晶内を自由に運動する自由電子となっているとみなせる。すなわち、金属とは一様な密度の自由電子の海の中に金属原子の陽イオンが浮かんでいるようなものであり、これらの自由電子とイオンとの間の静電引力が全体を結合させている引力となっている。このことから、金属結合は方向性をもたず、いわゆる原子価も考えにくいことになる。[中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の金属結合の言及

【化学結合】より

…もちろん当時はこのような結合形成の機構に対して理論的な裏づけはなかったが,今日では量子力学的に裏づけられ,現在の化学結合概念を築く基礎になっている。
[化学結合の種類]
 化学結合には電荷の偏りぐあい,強弱など種々あるが,多くの化学的な事実から帰納的に大別するとイオン結合,共有結合,金属結合が重要である。そのほかに配位結合,水素結合,電荷移動相互作用など,また電気双極子や分極に基づく相互作用もある。…

【固体】より

…原子が集まって固体をつくるときには,原子間に電子のやりとりが起こる。そのやりとりのしかたによって,固体はイオン結合物質,共有結合物質,金属結合物質に分類される。イオン結合物質の典型的な例としては,食塩の主成分である塩化ナトリウムNaClをあげることができる。…

※「金属結合」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

金属結合の関連キーワードアミドキュリーの法則半金属有機金属化合物金属灰金属クラスター金属原子数ファノ効果(原子物理)硫塩鉱物金属原子半径

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

金属結合の関連情報