コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

結城直朝(1) ゆうき なおとも

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

結城直朝(1) ゆうき-なおとも

1325-1343 南北朝時代の武将。
正中(しょうちゅう)2年生まれ。建武3=延元元年父朝祐(ともすけ)が戦死し,12歳で下総(しもうさ)結城家をつぐ。高師冬(こうの-もろふゆ)にしたがって南朝方の北畠親房(ちかふさ)を常陸(ひたち)(茨城県)関城に攻め,康永2=興国4年4月3日戦死。19歳。通称は七郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

結城直朝(1)の関連キーワード洞院公賢祇園執行日記2010年参院選本門寺ビチレブ島神皇正統記ピサ市河興仙上杉清子菊池武光

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone