コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高師冬 こうのもろふゆ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高師冬
こうのもろふゆ

[生]?
[没]正平6=観応2(1351).1.17. 甲斐
南北朝時代の武将。師直の従兄弟。延元1=建武3 (1336) 年,南朝方の北畠親房が勢力を張る常陸を攻略するため出京し,興国2=暦応4 (41) 年に小田城を,興国4=康永2 (43) 年には関,大宝の両城を落し,常陸を平定した。このため親房は吉野に逃れた。この間足利義詮を補佐して関東の実権を握り,またこの頃武蔵守護でもあった。翌年上京,三河守から播磨守となる。正平4=貞和5 (49) 年関東公方となった足利基氏上杉憲顕とともに補佐したが,観応の擾乱の直義,師直の対立は,憲顕,師冬の対立となり,上杉能憲に攻められ,甲斐須沢城にこもって自殺。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

高師冬【こうのもろふゆ】

南北朝時代の武将高師直(こうのもろなお)の従兄弟,猶子。三河守・播磨守,武蔵・伊賀守護を歴任。1339年鎌倉府足利義詮(よしあきら)の執事(しつじ)として下向,翌年からは上杉憲顕(のりあき)と2人で執事を務めた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高師冬 こうの-もろふゆ

?-1351 南北朝時代の武将。
従兄(いとこ)高師直(もろなお)の養子となり,室町幕府の武将として各地を転戦する。貞和(じょうわ)5=正平(しょうへい)4年(1349)関東管領となり,鎌倉公方(くぼう)足利基氏(もとうじ)を補佐。観応(かんのう)の擾乱(じょうらん)のなか,もうひとりの関東管領で足利直義(ただよし)派の上杉憲顕(のりあき)と対立,観応2=正平6年1月17日敗れて自刃(じじん)した。通称は四郎左衛門尉。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こうのもろふゆ【高師冬】

?‐1351(正平6∥観応2)
南北朝時代の武将。師直の従兄弟,猶子。鎌倉府執事。三河守を経て播磨守。武蔵,伊賀守護。1339年(延元4∥暦応2)鎌倉府の幼主足利義詮の執事として下向。翌年には幕府の二頭政治を反映して,師冬(足利尊氏・高師直派)と上杉憲顕(足利直義派)との2人の執事が誕生したが,権限の上では師冬がまさっていたらしい。執事在任中の師冬の軍事行動もめざましく,41年小田城,43年に関・大宝城を落として,常陸南朝軍を潰滅させた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こうのもろふゆ【高師冬】

?~1351) 南北朝時代の武将。師直の従弟、のち養子。鎌倉公方足利基氏の執事。上杉憲顕と対立、諏訪一族に攻められ自害。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高師冬
こうのもろふゆ
(?―1351)

南北朝時代の武将。師行(もろゆき)の子。師直(もろなお)の従兄弟(いとこ)。師直の猶子(ゆうし)となり足利(あしかが)政権の将として活躍。1339年(延元4・暦応2)には上杉憲顕(のりあき)の後を受けて関東管領(かんれい)として鎌倉公方(くぼう)足利義詮(よしあきら)を補佐し、北畠親房(きたばたけちかふさ)を中心とする常陸(ひたち)の南軍の征圧に功をたてた。その後、幕命で上洛(じょうらく)したが、49年(正平4・貞和5)上杉憲顕とともにふたたび関東管領となり、翌年正月鎌倉に下向した。しかし、足利直義(ただよし)派の憲顕と対立。同年末憲顕を討とうとして公方足利基氏(もとうじ)を擁して鎌倉を発向、途中基氏を奪われ、師冬は甲斐(かい)に走ったが憲顕らに攻められ、翌年正月17日、甲斐須沢(すさわ)城(山梨県南アルプス市大嵐)を攻略され、師冬は自刃した。[池永二郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

高師冬の関連キーワード山内首藤時通(1)関・大宝城の戦い結城直朝(1)青野ヶ原の戦青野原の戦い諏訪真種下妻政泰三戸師親石塔義房北畠親房小田治久伊佐城関城跡高氏鎮関宗政関宗祐従弟興国自害康永

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android