コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高師冬 こうのもろふゆ

6件 の用語解説(高師冬の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高師冬
こうのもろふゆ

[生]?
[没]正平6=観応2(1351).1.17. 甲斐
南北朝時代の武将。師直の従兄弟。延元1=建武3 (1336) 年,南朝方の北畠親房勢力を張る常陸を攻略するため出京し,興国2=暦応4 (41) 年に小田城を,興国4=康永2 (43) 年には関,大宝の両城を落し,常陸を平定した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

高師冬【こうのもろふゆ】

南北朝時代の武将。高師直(こうのもろなお)の従兄弟,猶子。三河守・播磨守,武蔵・伊賀守護を歴任。1339年鎌倉府足利義詮(よしあきら)の執事(しつじ)として下向,翌年からは上杉憲顕(のりあき)と2人で執事を務めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高師冬 こうの-もろふゆ

?-1351 南北朝時代の武将。
従兄(いとこ)高師直(もろなお)の養子となり,室町幕府の武将として各地を転戦する。貞和(じょうわ)5=正平(しょうへい)4年(1349)関東管領となり,鎌倉公方(くぼう)足利基氏(もとうじ)を補佐。観応(かんのう)の擾乱(じょうらん)のなか,もうひとりの関東管領で足利直義(ただよし)派の上杉憲顕(のりあき)と対立,観応2=正平6年1月17日敗れて自刃(じじん)した。通称は四郎左衛門尉。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

こうのもろふゆ【高師冬】

?‐1351(正平6∥観応2)
南北朝時代の武将。師直の従兄弟,猶子。鎌倉府執事。三河守を経て播磨守。武蔵,伊賀守護。1339年(延元4∥暦応2)鎌倉府の幼主足利義詮の執事として下向。翌年には幕府の二頭政治を反映して,師冬(足利尊氏・高師直派)と上杉憲顕(足利直義派)との2人の執事が誕生したが,権限の上では師冬がまさっていたらしい。執事在任中の師冬の軍事行動もめざましく,41年小田城,43年に関・大宝城を落として,常陸南朝軍を潰滅させた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こうのもろふゆ【高師冬】

?~1351) 南北朝時代の武将。師直の従弟、のち養子。鎌倉公方足利基氏の執事。上杉憲顕と対立、諏訪一族に攻められ自害。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高師冬
こうのもろふゆ
(?―1351)

南北朝時代の武将。師行(もろゆき)の子。師直(もろなお)の従兄弟(いとこ)。師直の猶子(ゆうし)となり足利(あしかが)政権の将として活躍。1339年(延元4・暦応2)には上杉憲顕(のりあき)の後を受けて関東管領(かんれい)として鎌倉公方(くぼう)足利義詮(よしあきら)を補佐し、北畠親房(きたばたけちかふさ)を中心とする常陸(ひたち)の南軍の征圧に功をたてた。その後、幕命で上洛(じょうらく)したが、49年(正平4・貞和5)上杉憲顕とともにふたたび関東管領となり、翌年正月鎌倉に下向した。しかし、足利直義(ただよし)派の憲顕と対立。同年末憲顕を討とうとして公方足利基氏(もとうじ)を擁して鎌倉を発向、途中基氏を奪われ、師冬は甲斐(かい)に走ったが憲顕らに攻められ、翌年正月17日、甲斐須沢(すさわ)城(山梨県南アルプス市大嵐)を攻略され、師冬は自刃した。[池永二郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高師冬の関連キーワード金谷経氏斯波兼頼周豪伊達景宗南部政行禰寝清種松浦定結城朝常由良光氏留守家任

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone