コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

結審 ケッシン

デジタル大辞泉の解説

けっ‐しん【結審】

[名](スル)一つの裁判におけるすべての審理を終了すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けっしん【結審】

( 名 ) スル
裁判の審理が終わること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の結審の言及

【公判】より

…この点から,途中で裁判官が交替した場合などには,必要に応じて従前の審理のやり直し(一般に簡略な方法をとっている)が必要とされる(公判手続の更新)。(4)弁論が終わると結審になり,判決の言渡しへと進む。いったん結審しても,新証拠が発見されたりすると,審理が再開されることもある。…

※「結審」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

結審の関連キーワード中国残留日本人孤児による国家賠償請求集団訴訟傑・欠・決・潔・穴・結・纈・缺・血・訣・蹶外務省機密漏洩(ろうえい)事件元被告らによる国家賠償請求訴訟住民らによる損害賠償請求訴訟公選法違反事件の裁判の経過松本智津夫被告の公判の経緯弘前大学教授夫人殺害事件旧ユーゴ戦争犯罪国際法廷志布志の公選法違反事件原発避難者集団訴訟ミロシェビッチ死去延岡携帯基地局訴訟市販薬のネット販売アンドレオッティ岩国基地騒音訴訟東電OL殺害事件大和都市管財事件七尾強制連行訴訟即決裁判の審理

結審の関連情報