コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 ケチ

8件 の用語解説(結の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けち【結】

賭弓(のりゆみ)で勝負を決めること。また、その試合。
「右の大殿の弓の―に、上達部、親王達多く集へ給ひて」〈・花宴〉
囲碁の終盤戦で、まだ決まらない目を詰めること。また、その目。駄目。闕(けち)。→結(けつ)
「碁打ちはてて、―さすわたり、心疾(こころと)げに見えて」〈・空蝉〉

けつ【結】

むすび。終わり。
漢詩で末の句。結句。「起承転
《迷いの世界にしばりつける心の働きであるところから》仏語。煩悩(ぼんのう)のこと。

けつ【結】[漢字項目]

[音]ケツ(漢) ケチ(呉) [訓]むすぶ ゆう ゆわえる
学習漢字]4年
ひもなどでむすぶ。むすびつける。「結髪直結連結
組み立てる。構造物・組織体を造る。「結構結社結成結党
ばらばらのものを一つにまとめる。まとまる。「結合集結妥結団結
固める。固まる。「結石結節結氷結露凝結凍結
しめくくる。終わりになる。「結果結局結末完結帰結終結
ふさがる。「鬱結(うっけつ)秘結
[名のり]かた・ひとし・ゆい
[難読]網結(あみず)き結願(けちがん)結城(ゆうき)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

結【ゆい】

〈結合〉の意で交換的な共同労働をさす。労力の提供に対し金や物でなく労力で返すのが特徴。その点で催合(もやい)が生産手段の共同による集団労働であり,手伝いが片務的なのと異なる。
→関連項目郷村制田植

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

けち【結】

賭弓のりゆみで勝負を決めること。また、その勝負。ゆみのけち。 「右の大殿の弓の-に、上達部みこたち多く集へ給ひて/源氏 花宴
囲碁で、駄目だめのこと。闕けち。 「『手ゆるしてけり』『-さしつ』などいひ/枕草子 161」 → けつ(結)

けつ【結】

おわりの句。末の句。結局。 「起承転-」
〘仏〙 〔身心を束縛することから〕 煩悩ぼんのうの異名。
中世の銭を数える単位。一結は銭一貫文にあたる。

ゆい【結】

[0] ( 名 )
結うこと。 「その山に標しめ結ひ立てて-の恥しつ/万葉集 401
[1][0] 田植えや屋根替え、味噌搗みそつきなど、一時に多くの労働力を要する仕事をする際に、互いに人手を貸し合うこと。
( 接尾 )
助数詞。
くくり束ねたものを数えるのに用いる。 「結束ねたる文ども三-置きたり/今昔 29
銭を数えるのに用いる。銭一〇〇文を一結とする。 「はこびける用途十-をば、御布施に奉るなりとて、すてて帰りにけり/沙石 六・貞享本

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


ゆい

語源的には結う、結ぶ、結合、共同などを意味し、地域社会内の家相互間で行われる対等的労力交換、相互扶助をいう。地方によってはイイ、ユイッコ、エエなどとよばれ、また中国・四国地方のように手間換(てまがえ)、手間借(てまがり)と称する所もある。結は催合(もやい)とともにわが国の伝統的な共同労働制度の一つであるが、催合の慣行がかつて漁村で盛んで現在は衰退しつつあるのに対し、結は農山村で盛んで、現在も田植、稲刈りなどさまざまな機会に行われている。結における労力交換では、多くの場合、働き手として出動する個人の労働力の強弱はあまり問題とはされないが、一人前の人間が1日提供してくれた労力に対しては、かならず1日の労働で返済することが基本で、金銭や物で相殺することを許さない点に特徴がある。結は農耕作業で行われることが多く、起源もそこにあると考えられるが、実際の機会はそれにとどまらず、屋根の葺替(ふきか)え作業における茅(かや)の切出しや縄ないなどでもよく行われた。
 そのほか奇抜なものとして、秋田県では共同で按摩(あんま)の練習をすることを結按摩とよんでいたし、結で髪を結い合うなどの例もあり、結の意味が共同という範囲にまで拡大して解釈されることが少なくなかった。[野口武徳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のの言及

【結負制】より

…朝鮮独特の土地面積表示法。起源は,人間の手で一握りの量の穀物を租税として負担すべき広さの土地を1把の土地とし,10把を1束,10束を1負,100負を1結としたことに始まると思われる。三国時代から1918年までの長い期間使用されたが,その内容は時代により異なる。…

※「結」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

結の関連キーワード

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

結の関連情報