コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

量案 りょうあんyang-an; ryang-an

2件 の用語解説(量案の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

量案
りょうあん
yang-an; ryang-an

朝鮮,朝鮮王朝 (李朝) の土地台帳。田案,導行帳ともいう。量案の形式は測量年 (干支) 月日,田畑の所在地名が表記され,5結ごとに『千字文』の順序に従う字号がつけられ,測量の順序,土地の等級,地形,結負 (面積) ,境界,土地所有者名,耕作人名とその移動,田畑,宅地,果樹,竹林,堰堤などの測量計数が記録されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りょうあん【量案】

朝鮮で用いられていた土地台帳。田案,導行帳,鉄券台帳ともいう。国家は土地把握のための量田(検地)をしばしば行ったが,その結果を記録したのが量案で,高麗時代にすでに作製されていたことは確実である。現存する量案によると,1筆の土地ごとに(1)字号と地番,(2)量田の方向,(3)土地の等級,(4)土地の形状と地目,(5)東西・南北の尺数,(6)結負(けつぷ)(面積),(7)四方の土地の形状と所有者,(8)耕作中(起)か休耕中(陳)かの区別,(9)所有者名(地税負担者名とする説もある)などが記載されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

量案の関連情報