コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絞刑 コウケイ

デジタル大辞泉の解説

こう‐けい〔カウ‐〕【絞刑】

絞首刑。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

絞刑
こうけい

綱で首を絞める刑で、古代の律における五刑の一つ。絞刑は唐律の呼称で、日本律では斬首(ざんしゅ)という。絞首は、中国では2本の綱で頸(くび)を挟み、その綱を轆轤(ろくろ)で巻き上げて首を絞め、窒息させる方法がとられたが、日本でも同様であったと考えられる。鎌倉時代、室町時代や江戸幕府では、絞刑を採用しなかったが、江戸時代の藩のなかには、絞刑を用いた例がみられる。1882年(明治15)施行の旧刑法で初めて首つりの形の絞刑(絞首刑)が採用された。[石井良助]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

絞刑の関連キーワードラーゲルクウィスト石井良助斬刑謀叛

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

絞刑の関連情報