コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絶対敬語 ゼッタイケイゴ

デジタル大辞泉の解説

ぜったい‐けいご【絶対敬語】

ある人物に、人称や場面にかかわらず常に一定の表現を用いる敬語の使い方。上代における神や天皇などの自尊敬語はその典型。現代では、公的な場では「父が~と申しております」のように言うが、昭和の初めのころまで「父が~と仰せになっております」と尊敬語を使って表現することがあった。→相対敬語

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぜったいけいご【絶対敬語】

ある人に対しては、その人を含めてどの人からも、どの場面でも、常に一定の敬語をもって表現されるもの。神・天皇が自身に関して敬語を用いる奈良時代にこの傾向がみられる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

絶対敬語の関連キーワード奈良時代朝鮮語

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

絶対敬語の関連情報