コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絶後 ゼツゴ

デジタル大辞泉の解説

ぜつ‐ご【絶後】

今後再び起こるためしのないこと。「空前絶後の大事件」
息の絶えたあと。「絶後に再びよみがえる」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぜつご【絶後】

将来二度と同じことが起こらないこと。 「空前-の事件」
息が絶えたのち。 「 -に再び蘇へる底ていの気魄がなければ駄目だ/吾輩は猫である 漱石

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

絶後の関連キーワードブレイク(William Blake)ガルガンチュワ‐パンタグリュエル物語同人雑誌(どうにんざっし)ケルムスコット・プレス松本幸四郎(5代)オタカル[2世]ガンダーラ美術吾輩は猫である小早川 精太郎ベルサイユ宮殿ハノーバー朝石川五右衛門ブルボン王朝骨盤結合織炎千五百番歌合植村文楽軒ロマノフ朝軍艦小事典高田郡兵衛子宮内膜炎

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

絶後の関連情報