コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空前絶後 クウゼンゼツゴ

デジタル大辞泉の解説

くうぜん‐ぜつご【空前絶後】

過去にもがなく、将来もありえないと思われること。きわめて珍しいこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くうぜんぜつご【空前絶後】

今までに例がなく、これからもあり得ないようなこと。非常に珍しいこと。 「 -の大事件」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

空前絶後の関連キーワードブレイク(William Blake)ガルガンチュワ‐パンタグリュエル物語同人雑誌(どうにんざっし)ケルムスコット・プレス松本幸四郎(5代)ベルサイユ宮殿ガンダーラ美術千五百番歌合石川五右衛門軍艦小事典児童文学カントル古典主義仏教美術曠前空後原爆文学澄心堂紙障屏画絶・舌銭鍾書

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

空前絶後の関連情報